2019年上半期、北海道のHが、一気に17機も撤去!

虎の子のHを撤去せざるを得ない北海道警察の次期取り締まり方針が気になる!

★週刊交通取り締まり情報NEO7/12

 先日、国道232号線苫前郡羽幌町汐見のHシステムが撤去されたということを報告したが、なんと、それはまさに氷山の一角。道内のあちこちで、北海道のスピード取り締まりの立役者、Hシステムが13機も姿を消していたのだ。

 これで、今年初頭に撤去された3機を合せて、この半年間で17機が姿を消したことになる。もちろん、Hシステムは全国に設置されている全数が、撤去対象になってはいるが、広大な大地にスピードが出やすい直線路が点在する北海道にとって、内地以上に人手いらずのオービスの重要度は高いはず。もちろん、LHや新型L、あるいはレーザー式オービスへの代替えというなら話はわかるのだが。

 北海道警としては、これから夏休みにかけての観光シーズン、レーザー&レーダーパトやレーダーによるネズミ取りで、戦力ダウンをカバーしなければいけない。特に、1年間の取り締まり件数の半分以上をこのシーズンで稼ぐとも言われているだけに、次の一手が非常に気になるところだが、この冬に導入された可搬式移動オービスは、たぶん、まだ1台しか配備されていない現状では、人手に頼るしかないのだが。

 いずれにしても、この夏、地元民ならずとも、北海道旅行を計画しているキミは十分、注意だ!

☆撤去オービスリスト
国道5号線山越郡八雲町山崎(北行き/Hシステム)/ 国道36号線白老郡白老町虎杖浜(札幌行き/Hシステム)/ 国道37号線山越郡長万部町旭浜(南行き/Hシステム)/ 国道38号線十勝郡浦幌町万年(釧路行き/Hシステム)/ 国道39号線北見市留辺蘂町大和(南行き/Hシステム)/ 国道39号線網走郡大空町湖南(南行き/Hシステム)/ 国道39号線上川郡愛別町(下り/Hシステム)/ 国道40号線上川郡比布町北3線(旭川方面/Hシステム)/ 国道40号線上川郡剣淵町東3線(北行き/Hシステム)/ 国道228号線上磯郡知内町中ノ川(函館行き/Hシステム)/ 国道232号線苫前郡羽幌町汐見(南行き/Hシステム)/ 国道234号線勇払郡安平町遠浅(北行き/Hシステム)/ 国道237号線旭川市西神楽2線19号(旭川市街地方面/Hシステム)/ 国道244号線斜里郡小清水町止別(標津斜里行き/Hシステム)/ 国道272号線野付郡別海町上春別(下り/Hシステム)/ 国道272号線野付郡別海町上春別(上り/Hシステム)/ 国道273号線上川郡上川町天幕(旭川行き/Hシステム)

日本全国オービスポイントガイドは、こちら!
http://hoodridez.jp/ryougoku-torishimari/kotei-point-guide

オービスの種類解説は、こちら!
http://hoodridez.jp/crackdown/orbis