秋田県からまた、レーダー式オービスが消えた!

2019/09/27

国道7号線下り、秋田市浜田の自動速度取締機の撤去を確認!

 この7月に、明らかに国道7号線秋田市浜田に設置されているレーダー式オービスのことであることがわかる、撤去工事委託の入札を行った秋田県(警)。入札情報サイトによると8/2に2,268,000円という入札額で落札され、この9月に工事が行われたことが判明した。

 そこで、現地へ行ってみたら案の定、レーダー式オービスがアーチごと撤去され、後方のカメラも土台だけ残して姿を消していたのだ。これで秋田県に残るレーダー式オービスは高速含め4機となり、全国の一般道でも残り8機と絶滅への道をまっしぐら。

 その取り締まり効率を考えれば、たぶん新規代替えは行われず、移動オービス(レーザー式)での取り締まりが強化されるはず。オービスがなくなったからと言って油断は禁物です。


日本全国固定式オービスポイントリストは、こちら!
http://hoodridez.jp/ryougoku-torishimari/kotei-point-guide
移動オービス目撃ポイントは、こちら!
http://hoodridez.jp/ryougoku-torishimari/list3-movable