東名高速道路に移動オービス!!

2019/11/26

パニックブレーキによる受傷事故につながるリスクあり!?

 「東名高速の下り、豊橋パーキングエリアにて小型の移動オービスを確認」11/9、twitterにこんな投稿が! 愛知県警はすでに名古屋高速でも移動オービスによるスピード取り締まりを行い、さらに三重県警、埼玉県警も高速道路での取り締まりが目撃されている。いよいよ生活道路だけではなく、高速道路にまでその脅威が及んでいるというわけだ。

 それにしても、制限速度の低い生活道路や幹線道路ならともかく、スピードアベレージの高い高速道路での取り締まりは、パニックブレーキによる受傷事故が起こりやすいというのも事実。それぞれの目撃者によると、事前に予告板が1枚、出ていたということだが、複数の事前警告板が設置され、さらにレーダー探知機やカーナビアプリによりその存在が予想できる固定式オービスに比べ、移動オービスはいきなり現れるやっかいもの。事故リスクははるかに高い。しかも、それは取り締まる側にとっても同じことなのだが…。

 SNSなどでは「制限速度を守っていれば問題ない」などと、脳天気なつぶやきを見かけるが、たとえ制限速度以下で走っていたとしても、いきなり見たこともない機械が目の前に出現したら思わずブレーキを踏んじゃうというのは人の常。100km/hからの急制動は、決してノーリスクではないのだ。

 とにかく、今までは移動オービスと言えば生活道路を想像させるものだったが、今後、配備数の増加に伴い、所かまわず運用されることになることは間違いない。

読んでためになる、最新交通取締情報は、こちら!
http://hoodridez.jp/ryougoku-torishimari

気になる固定式オービスの種類解説は、こちら!
http://hoodridez.jp/crackdown/orbis

移動オービスの怖さ解説&目撃ポイントガイドは、こちら!
http://hoodridez.jp/ryougoku-torishimari/kadou-point-guide