11/1、新東名高速道路で110km/h制限試行期間がスタート!

当然、取り締まりも強化されます!w

昨年、国家公安委員会に提出された「高規格の高速道路における速度規制の見直しに関する提言」に基づき、警察庁がその妥当性を検討してきたが、この9/28、ついに、静岡、岩手県警管が管轄内の高速道路で、現在の100km/hの制限速度を10km/hアップする試行区間を選定、まずは来る11/1より静岡県内の高速道路での試行がスタートすることが発表された。

試行区間は、新東名高速道路の新静岡IC~森掛川IC間の上下線( 上り線約49.7km 下り線約50.1km)。この区 間のみ、制限速度が110km/hとなる。「あれ? 120km/hじゃなかったの?」と思う人も多いと思うが、そこはお役所仕事。まずは安全マージンをとって10km/hアップにとどめ、試行中の事故の増減や実勢速度の変化を分析した上で「行ける」となれば、次は「120/km」の試行をすることになるだろう。

いずれにしても、警察としてはこの試行が原因で事故やスピード違反が増えたら面目まるつぶれ。当然、取り締まりも強化するという。もしかしたらスピード違反や車間距離不保持など、普段より厳しく取り締まられちゃうかも。ちなみに試行区間のオービスは下り140.5KP、藤枝PA手前にLHシシテムが設置されているが、作動速度が制限速度アップに合せて調整されるかどうか、は不明だ。

基本的に試行期間は約1年となる見込み。果たして来年11月にさらに10km/hアップの試行がされるのか。興味しんしんだね。