首都高4号新宿線、事故多発ポイントのHシステムが撤去!

事前警告板と電光板はそのまま、ということは新規設置の可能性大!

 首都高都心環状線から三宅坂IC経て4号線に入った先に、派手な電光板とともに設置されていた、Hシステム。小さなカーブが連続するため事故が多く、スピード抑制効果をいかんなく発揮していたが、やはり全数が撤去対象となっているHだけに、ここも撤去を強いられることとなったわけだ。

 が、事故多発地点というからには、いずれはLH等の代用オービスが新設される可能性が高いというのも事実。Hのユニットが取り付けられていたアーチはもちろん、残存する事前警告板と2連電光板をそのまま流用することもできる。どちらかというと全国的に既設オービスが撤去されただけというケースが多く、固定式オービスの絶対数が激減しているが、ここはたぶん、新規設置となるはず。いずれにしてもこのポイントはマジに危ない。速度を落として安全運転に努めるべし!