燃えた新型オービスが復活!

偶然ですが、修理現場に遭遇しちゃいましたw

今年の2月初旬に何者かの仕業により、放火され損傷を追った、国道17号線上り、埼玉県北本に設置されている、新型オービス、センシスSSS。その後、黒いカーバーがかけられ、稼働休止状態だったが、この5/18、AM11時、3ヶ月を経た修理現場に遭遇した。

筆者が偶然、現場を通りかかったところ、たぶん、センシスSSSの製造元であるスゥエーデンの計測器メーカー、センシスガスト社の国内における正規代理店、沖電気工業の関係者だと思われるが、数人の作業員により、修理が行われていたのだ。

しばらく様子を見ていると、まずは内部ユニットをそっくり取り外し、外板パネルを交換した後に、内部ユニットを元に戻し、唯一「Sensys Gatso Group」のベストを着た係員がパソコンで本体の照準などを設定、午後4時頃、作業は終了した。

果たして、パネル交換くらいで済んだのか、それとも内部ユニットごと総取っ替えしたのかは定かではないが、いずれにせよ、本体価格3000万円という高級機器の修理だけに、コストも相当かかったはず。機器代はHやLHと変わらないが、設置費用や運用コストが安いということも導入の動機のひとつなだけに、なんだか納得いかないものを感じたのは筆者だけだろうかw

作業員に聞いたところ、本体上部に新たに監視カメラが追加された、とか。いたずらは厳禁ですよ!