おっとびっくり! 新型オービス放火事件発生!

最新鋭を誇るセンシスSSSも、これじゃトホホです!?

国道17号線上り、埼玉県北本市に設置されているセンシスSSSが、何者かによってカメラ部分が破壊されるという憂き目に遭ってしまった。

遠目からはわからないが、近くに寄ってみると表面の下半分のパネルが黒焦げ状態。下半分にはカメラが納められているが、これじゃ肝心の撮影ができないことは言うまでもない。しかもセンシスSSSは3mもの高さのポール上に設置されているため、ハシゴなど何らかの器具を用意しなければ本体に危害を加えることはできないということを考えれば、こいつは計画的犯行という推測が成り立つのだ。

いずれにしても撮影ができない以上、オービスとしての稼働ができないため、当分は休眠状態を強いられる。従来のオービスよりも格段に安いとは言っても、それでも1機1000万円以上する高価格機器だけに、ただのいたずらじゃ済まされないことは明白だ。

くれぐれもマネしちゃいけませんよ!