静岡の旧ループと茨城のHが静かに引退!

 世代交代はなし! これからのスピード取り締まりの拠点は、やはり生活道路?

 静岡県静岡市の動脈、国道1号線に設置されていた旧L型(オービスⅢ)と、茨城県鉾田市国道51号線のHがいつのまにか消滅!どちらも代替えはなく、単に撤去されたのみと、警察の固定式オービスによる取り締まり方針の変化を垣間見る思いだ。もちろん、その地点での速度取り締まりをあきらめたわけではなく、今後は、機動性が格段にアップする可搬式移動オービスや、ヘリコプターとパトカーのタッグによる取り締まりなど、新世代の取り締まりへの移行が格段に進むと思われる。

 認識を新たに、安全運転に努めよう!