まずはオービスの種類を把握しよう!

オービスの種類は6種類、
キャラクターを把握し、位置を知る─
これがオービス対応の極意です

「オービス」とは、無人で自動的に設置場所を通過するクルマのスピードを測り、クルマ(車両ナンバーからドライバーまで)を撮影し、速度違反を取り締まる「自動速度取締機」のこと。一般道や高速道路などで「速度自動取締機設置路線」とか「自動速度取締路線」などと表示された警告板を見かけることがあるかと思いますが、その警告板の先で待ち受けているのがオービスです。

そもそもオービスとは、アメリカ・ボーイング社が開発し、日本の東京航空計器がパテント生産を始めたループコイル式自動速度取締機の商品名(ラテン語で「眼」の意味)なのですが、一般的に「自動速度取締機」の総称(俗称?)として使われています。

現在、ひと言で「オービス」といっても、スピードの測定方法や画像の処理方法、メーカーの違いなどにより様々なタイプがあります。まず、簡単に各オービスのプロフィールを紹介しておきましょう。

オービスの種類は6種類!
オービス(LHシステム)の直前に急ブレーキのタイヤ痕が! もし、追走していればドッキリですね。まかり間違えば追突事故にも繋がるだけに、設置ポイントの事前察知がいかに重要かよくわかります。電子制御ブレーキシステム車ならこんなブレーキ痕などまず生じませんが、“危険”はソコに!!
これらの警告板は原則的にオービスの手前に設置(1~4枚)されています。場所によっては極めて小さなものもあります。

H

LH

高速走行抑止システム

現在、設置機数的にも主流となっているHシステムの仲間は3種類。なかでもLH システムはNシ ステムの一部機種ともよく似ており、要注意です(Nシステム:自動車ナンバー自動読取装置)

撮影→即転送のハイテクオービス!

1.元祖Hシステム

大阪&兵庫の阪神高速のみに多数設置されている、国内初のHシステム。見るからに無骨な大きな四角い箱の真ん中にある丸いレーダーで速度を測定し、左右のストロボ&デジタルカメラで違反車を撮影します。その映像とデータを中央システムに送る「電子画像撮影・伝送方式」が採用されています。

横ばい
阪神高速限定の元祖Hシステムは、丸い レーダーがむきだしになったタイプもあります。

2.Hシステム

1992年に登場した新型Hシステム。正式名称「高速走行抑止システム」の「高速=High Speed」の頭文字「H」をとって「Hシステム」と呼ばれています。四角形の白いレーダーアンテナで速度を測定し、別体の小型赤外線ストロボとデジタルカメラで撮った映像とともに中央装置に伝送します。

減少
白くて大きなレーダーはよく目立ちます。 高速、一般道を問わず全国的に展開されて いますが、メーカーが撤退し、減少中。

3.LHシステム

デビューは1994年。レーダーではなく路面に埋め込まれたループコイルで速度を測るところから、「LOOPCOIL」の「L」をとってLHシステムと称されています。白いアンテナが特徴のHシステムと異なり、これといった特徴はない上に、日本全国でよく見かけるNシステムにも似ているので要注意です。

増加
頭上から狙うのはカメラとストロボだけ。本体の約50m手前で速度を測定し約40m 手前で撮影します

R

SS

レーダー式

速度警告安全システム

消えていくレーダー式オービス。新たにステージに登場するのは、
特殊な4Dマルチトラッキングレーダーを用いた
超高性能な速度警告安全システム、SENSYS SSS!

老朽化で休眠も…

レーダー式オービス

手前に設置されたレーダーアンテナで速度を計測し、カメラで違反車を撮影するシステム。複数車線の場合、アンテナはそれぞれの車線に対応して複数設置されているケースがあります。が、基本的にカメラは1台なので、取り締まっているのは1車線のみです。

増加
手前の車線上にレーダーが。中央分離帯の植え込み上に見えるのがカメラ本体。

SENSYS SSSは生活道路にも対応する新型オービス!!

センシス・速度警告安全システム

この新型オービスはスウェーデンのSensys Gatso Group社製の「SENSYS SSS(Speed warning Safety System)」で、1機で複数車線・複数車両を同時に計測して取り締まることが可能な新世代のレーダー式デジタル高性能機です。

速度違反車両の取り締まりだけでなく、歩行者に対して違反車両の接近を知らせるサウンドアラーム機能を持つなど、生活道路の安全性能にも配慮されているのが特徴です。

現在、埼玉県北本市・国道17号線上りと岐阜県大垣市三塚町・市立東小学校前の2か所に先行設置されています。警察庁では速やかな全国展開を明言しているので、今後の新設情報には注意が必要です。

本体はコンパクトでスタイリッシュ。
北本市・国道17号の新型オービス設置場所は鴻巣市との市境で人通りも少なく、スピード出し過ぎの要注意ポイントです。
大垣市・市立東小学校前は文字通りの生活道路。歩行者や自転車にとってサウンドアラームがより効果的なポイントです。

L

ループコイル式

外見的には路側に撮影装置が立っているだけ。
様ざまな路側の設備に紛れたりしていると実にわかりづらいです。
現在、外見はほぼ同じで通信機能を持つデジタル機に世代交代が進んでいます

シンプルなオービスが高速/一般道を問わず、増殖中!

一般的にループコイル式計測システムでは、6.9m区間に3組のループコイルを一定間隔で埋め込み、1番目のスタートループコイルから3番目のストップループコイルまでの所要時間でスピードを測定します。ちなみに2番目はコントロールループと呼ばれ、中間点をチェックします。計測区間内での速度変化が激しいなど、クルマが異常走行した(安定した計測が行われていない)と見なしたときに撮影を中止させる役目を持っています。

そうはいっても、実用上、センサーの正確な感知を邪魔する要素は少なくありません。過去の裁判で誤計測の判例もあります。

このループコイル式も老朽化が気になるところですが、2003年にはCCDカメラで撮影した映像を中央装置に送るという2車線対応のハイテク版が首都高に登場しました。

また、外見はほぼ従来通りですが、通信機能を持ち、デジタル化された新型機の新設・代替えが進んでいます。

増加
オーソドックスなループコイル式オービス。ダミーの不動機も相当数存在していますが、リニューアルされた新型が増加しています。
横ばい
同時に2車線を捕捉するハイテク版オービス。現時点で首都高速以外での設置は確認されていません。